Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



小人の亭主 I had a little husband :マザーグース


  わたしの亭主は小人なのさ
  わたしの親指ほどもない
  コップの中に住んでいて
  太鼓を叩いて遊んでいるのさ
  小さな鼻をぬぐうには
  布の切れ端で十分なのさ
  ストッキングをとめるのも
  ちっぽけなガーターで十分なのさ


小人の亭主を歌ったこの歌は、アーサー王伝説に出てくる小人の騎士トム・サムのことを参考にしているようです。トム・サムは魚に飲み込まれた後もずっと生き続け、アーサー王がその魚の腹を割いたときに、外に飛び出てきたといいます。


I had a little husband -Mother Goose

  I had a little husband
  no bigger than my thumb,
  I put him in a pint pot,
  and there I bid him drum;
  I bought a little handkerchief
  to wipe his little nose,
  And a pair of little garters
  to tie his little hose.






前へHOME次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである