Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



ウィー・ウィリー・ウィンキー Wee Willie Winkie :マザーグース


  ウィー・ウィリー・ウィンキーが街を行く
  ナイトガウンを着て階段を上り下り
  窓を叩いて鍵穴から呼びかける
  「子どもたちは寝たかな? もう10時じゃぞ」

  「やあウィリーさんお入りなさいな
  ネコは咽喉を鳴らし鶏も眠入り
  犬は寝そべって寝息もたてないのに
  一人だけ寝ないで起きてる子がいるのよ」

  寝ないとはとんでもない子だ!不機嫌そうな顔で
  スプーンを壺に突っ込んで鳴らしたり
  ばたばた転げまわって鶏のように騒いだり
  訳のわからぬことを叫んで夢遊病のようじゃ

  「ねえウィリーさん うちの子ときては
  うなぎのようにのらくらとして
  ネコの耳を引っ張ったり 乱痴気騒ぎを起こすのよ
  あらウィリーさん 見て あの子が来たわ」

  しょうがない子のお母さんは大変じゃ
  このちびっ子どもときては 一人前のこともできず
  目をつぶる前にも一騒ぎじゃ
  でもあのバラ色の唇をみると 怒る気にもならぬのじゃ


子どもがなかなか眠らないのは、どこの国でも同じようです。日本ではそんな子がいると、鬼にさらわれてしまうとか、お巡りさんに連れて行かれるといって、脅したりすかしたりして寝かせつかせました。イギリスではその役割をウィー・ウィリー・ウィンキーが果たしていました。この歌はもとはスコットランド方言で書かれていたのを、イギリスの普通の言葉に直したものです。


Wee Willie Winkie -Mother Goose

  Wee Willie Winkie runs through the town,
  Up stairs and down stairs in his night-gown,
  Tapping at the window, crying at the lock,
  "Are the children in their bed, for it's now ten o'clock?"

  "Hey, Willie Winkie, are you coming in?
  The cat is singing purring sounds to the sleeping hen,
  The dog's spread out on the floor, and doesn't give a cheep,
  But here's a wakeful little boy who will not fall asleep!"

  Anything but sleep, you rogue! glowering like the moon,
  Rattling in an iron jug with an iron spoon,
  Rumbling, tumbling round about, crowing like a cock,
  Shrieking like I don't know what, waking sleeping folk.

  "Hey, Willie Winkie - the child's in a creel!
  Wriggling from everyone's knee like an eel,
  Tugging at the cat's ear, and confusing all her thrums
  Hey, Willie Winkie - see, there he comes!"

  Weary is the mother who has a dusty child,
  A small short little child, who can't run on his own,
  Who always has a battle with sleep before he'll close an eye
  But a kiss from his rosy lips gives strength anew to me.






前へHOME次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである