Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



カランコロン Ding, dong, bell :マザーグースの歌


  カランコロンと 鐘の音
  子猫ちゃんは井戸の底

  子猫を放ったのは誰ですか?
  いたずらっ子のジョニーです

  子猫を出してあげたのは誰?
  ちびっ子のトミーです

  なんてきかんぼなんでしょう
  子猫ちゃんをいじめるなんて
  
  なにもおそそをしてないのに
  ネズミをかじっただけなのに


ちいさな動物をいじめて喜ぶのは、世界中の子どもたちに共通することのようです。でも子猫をいじめてはいけませんね。子猫は厄介者のネズミを退治してくれるのですから。


Ding, dong, bell - Mother Goose Nursery Rhymes

  Ding, dong, bell,
  Pussy's in the well.

  Who put her in?
  Little Johnny Green.

  Who pulled her out?
  Little Tommy Stout.

  What a naughty boy was that,
  To try to drown poor pussy cat,

  Who never did him any harm,
  And killed the mice in his father's barn.






前へHOME次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである