Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



6匹のハツカネズミ Six little mice


  6匹のハツカネズミが糸紡ぎ
  そこにネコさんが通りがかりました
  “なにをなさってるの 紳士方”
  “紳士の背広を仕立ててるのさ”
  “わたしもお手伝いをして 糸切りをしましょうか”
  “ご遠慮しますネコさん 頭をかじり切られてはいやですから”
  “そんなことはありません 是非手伝わせてちょうだいな”
  “かもしれませんけれどネコさん 近寄らないでくださいな”


ネズミと猫の愉快なやりとりを歌った歌です。壁ごしにいる猫は、壁にあいた穴の奥をのぞいてネズミに語りかけています。猫は糸をかじるふりをして、ネズミの頭をかじろうと目論見ますが、ネズミはだまされません。壁があるおかげで、ネズミたちは安心して糸をつむぎます。


Six little mice sat down to spin ? Mother Goose Nursery Rhymes

  Six little mice sat down to spin;
  Pussy passed by and she peeped in;
  "What are you doing, my little men?"
  "Weaving coats for gentlemen."
  "Shall I come in and cut off your threads?"
  "No, no, Mistress Pussy, you'd bite off our heads."
  "Oh, no, I'll not; I'll help you to spin."
  "That may be so, but you don't come in!"






前へHOME次へ






 



作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである