Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



陽気な粉屋 There was a jolly miller:マザーグース


  陽気な陽気な粉屋さん
  ディー川のほとりに住んでいた
  年中歌いながら働きます
  ヒバリにおとらぬひょうきん者
  歌にはお気に入りの文句があって
  こんな風に繰り返します
  “ヤッホー ヤッホー ヤッホッホー
  おいらはひとりで生きてくだ
  誰の世話にもならねえだ“


陽気な粉屋さんのお話。ひばりに劣らぬひょうきん振りで、いつも歌を歌いながら粉をひいています。


There was a jolly miller -Mother Goose

  There was a jolly miller
  Lived on the river Dee:
  He worked and sang from morn till night,
  No lark so blithe as he,
  And this the burden of his song
  For ever used to be-
  “ I jump mejerrime jee!
  I care for nobody- no! not I,
  Since nobody cares for me.”






前へHOME次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである