Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



ひとりのおばあさん:マザーグース


  ひとりのおばあさんがいたってさ
  食べ物と飲み物で暮らしてたってさ
  食べ物と飲み物があればご機嫌だけど
  そのかわりいつもじっとしていない

  パンやさんにいってパンを買って
  もどってくるとおじいさんが死んでた
  教会にいって鐘鳴らしてもらって
  もどってくると生き返ってた


にぎやかに動き回るおばあさんのお話。内容は単純ですが、リズミカルに韻を踏んでいます。


There was an old woman, and what do you think? -Mother Goose

  There was an old woman, and what do you think?
  She lived upon nothing but victuals and drink:
  Victuals and drink were the chief of her diet,
  And yet this old woman could never keep quiet.

  She went to the baker, to buy her some bread,
  And when she came home, her old husband was dead;
  She went to the clerk to toll the bell,
  And when she came back her old husband was well.






前へHOME次へ






 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである