Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



10人のインディアン Ten little Indian boys :マザーグース


  10人のインディアンの男の子 食事に出かけた
  一人が咽喉を詰まらせて 9人が残った

  9人のインディアンの男の子 夜更かしをした
  一人が朝寝坊をして 8人が残った

  8人のインディアンの男の子 デヴォンに旅した
  一人がそこにとどまり 7人が残った

  7人のインディアンの男の子 薪を割った
  一人が真っ二つになって 6人が残った

  6人のインディアンの男の子 蜂の巣で遊んだ
  一人が蜂に刺されて 5人が残った

  5人のインディアンの男の子 訴訟を起こした
  一人が裁判所にいって 4人が残った

  4人のインディアンの男の子 海に出かけた
  一人がニシンに飲まれ 3人が残った

  3人のインディアンの男の子 動物園にいった
  一人が熊に抱きつかれ 2人が残った

  2人のインディアンの男の子 日光浴をした
  一人が熱で焦げて 一人が残った

  一人のインディアンの男の子 一人ぽっちになった
  そして自分で首をくくって 誰もいなくなった


アガサ・クリスティの小説「そして誰もいなくなった」の元になった歌としてすっかり有名になりました。もともとは Ten Little Nigger Boys といっていましたが、Nigger の言葉に差別的なニュアンスがあるので、Indian に歌詞を変えたという経緯があります。


Ten little Indian boys

  Ten little Indian boys went out to dine;
  One choked his little self and then there were nine.

  Nine little Indian boys sat up very late;
  One overslept himself and then there were eight.

  Eight little Indian boys traveling in Devon;
  One said he'd stay there and then there were seven.

  Seven little Indian boys chopping up sticks;
  One chopped himself in halves and then there were six.

  Six little Indian boys playing with a hive;
  A bumblebee stung one and then there were five.

  Five little Indian boys going in for law;
  One got into Chancery and then there were four.

  Four little Indian boys going out to sea;
  A red herring swallowed one and then there were three.

  Three little Indian boys walking in the zoo;
  A big bear hugged one and then there were two.

  Two Little Indian boys sitting in the sun;
  One got frizzled up and then there was one.

  One little Indian boy left all alone;
  He went out and hanged himself and then there were none.






前へHOME次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである