Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



暖炉のそばの子猫ちゃん Pussy-cat by the fire


  子猫ちゃんが暖炉の傍で
  気持ちよさそうにお昼寝です
  そこへ通りがかった子犬君  
  「子猫ちゃん そこにいたの?
  ごきげんよう 子猫ちゃん
  子猫ちゃん ご機嫌いかが?」
  「あらごきげんよう 子犬さん
  それではまたね さようなら」


暖炉の火の傍で気持ちよさそうに居眠りをしている子猫ちゃんの歌です。この歌は、「おお スザンナ」のメロディに合わせて歌われるといいます。


Pussy-cat by the fire-Mother Goose

  Pussy-cat sits by the fire;
  How can she be fair?
  In walks the little dog;
  Says: "Pussy, are you there?
  How do you do, Mistress Pussy?
   Mistress Pussy, how d'ye do?"
  "I thank you kindly, little dog,
  I fare as well as you!"






前へHOME次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである