Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



小さなすずめ A little cock sparrow :マザーグース


  小さなすずめが木の上で
  チュンチュンチュンと鳴いていました
  そこへ弓矢を持った男の子が来て
  すずめを撃とうと こういいました
  こいつのお肉でシチューを作り
  はらわたでパイを作ったらうまいだろう
  これを聞いたすずめは大慌て
  羽根を鳴らして飛んでいきました


この歌には何か教訓が隠されているのでしょうか。でも素直に聞いても面白い歌です。すずめはシチューにされたり、パイになったりするのはごめんでしょうから、男の子に撃たれないよう、さっさと飛び去ってしまいました。


A little cock sparrow sat on a green tree

  A little cock sparrow sat on a green tree,
  And he chirruped, he chirruped, so merry was he.
  A naughty boy came with his wee bow and arrow,
  Says he, I will shoot this little cock sparrow;
  His body will make me a nice little stew,
  And his giblets will make me a little pie too.
  Oh, no, said the sparrow, I won't make a stew,
  So he clapped his wings and away he flew.






前へHOME次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである