Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



一月は雪を January Brings The Snow :マザーグース


  一月は雪を運んできて
  ぼくらの手足にあかぎれを作る

  二月は雨を運んできて
  湖に張った氷を溶かす

  三月は突風を運んできて
  水仙の花を烈しく揺らす

  四月は花々を運んできて
  ぼくらの足元にスミレを咲かす

  五月は子羊を運んできて
  あちこちに戯れる姿を見せる

  六月はバラを運んできて
  子どもたちの手は花束でいっぱい

  七月は涼しい雨を運んできて
  アンズやギリフラワーが花咲く

  八月はとうもろこしを運んできて
  収穫の小屋が建てられる

  九月は実りの秋を運んできて
  スポーツマンが狩を始める

  十月はヤマドリを運んできて
  木の実もいっぱいに実る

  十一月は北風を運んできて
  枯葉が舞いながら落ちる

  十二月はアラレを運んできて
  暖炉には火が燃え上がる


一年十二か月のおのおのについて歌った歌です。月を追うごとに季節の移り変わりがわかるようになっています。中身をよく読むと、日本人とはちょっぴり感じ方の違いがあるようですね。なお、ギリフラワーとはカーネーションに似た花のようです。


January Brings The Snow - Mother Goose Nursery Rhymes

  January brings the snow,
  Makes our feet and fingers glow.

  February brings the rain,
  Thaws the frozen lake again.

  March brings breezes sharp and shrill,
  Shakes the dancing daffodil.

  April brings the primrose sweet,
  Scatters daisies at our feet.

  May brings flocks of pretty lambs,
  Skipping by their fleecy dams.

  June brings tulips, lillies, roses,
  Fills the children's hands with posies.

  Hot July brings cooling showers,
  Apricots and gillyflowers.

  August brings the sheaves of corn,
  Then the harvest home is borne.

  Warm September brings the fruit,
  Sportsmen then begin to shoot.

  Brown October brings the pheasant,
  Then to gather nuts is pleasant.

  Dull November brings the blast,
  Then the leaves go whirling past.

  Chill December brings the sleet,
  Blazing fire and Christmas treat.






前へHOME次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである