Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



ハンプティ・ダンプティ Humpty Dumpty :マザーグース


  ハンプティ・ダンプティ塀の上
  ハンプティ・ダンプティ落っこちた
  みんながどんなに騒いでも
  もうもとへは戻らない


ハンプティ・ダンプティとはまるまる太ったものをさしていいます。ここでは塀の上から落ちて、もう元通りにならないといっていますから、誰もが卵を連想しました。

でもこの話にはもう一つ別の解釈もあります。ハンプティ・ダンプティは大砲のことで、砦を守るために壁の上に据えられていました。ところが敵の大砲の弾があたって、壁から落ちてしまいました。王様の馬や家来たちがやってきて、壁の上に戻そうとしますが、ハンプティ・ダンプティが重過ぎて、持ち上げられないというのです。


Humpty Dumpty - Mother Goose Nursery Rhymes

  Humpty Dumpty sat on a wall,
  Humpty Dumpty had a great fall.
  All the King's horses, And all the King's men
  Couldn't put Humpty together again!






前へHOME次へ









作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである