Mother Goose Nursery Rhymes
HOMEブログ本館東京を描く水彩画 英文学ブレイク詩集フランス文学西洋哲学 プロフィールBSS



マーブルの壁 In marble walls


  ミルクのように白いマーブルの壁の中に
  絹のようにやわらかい膜に覆われ
  水晶のように澄んだ泉に
  黄金の林檎がのぞいて見える
  そこには扉はないけれども
  泥棒が押し入ってその金を盗んだ


なぞなぞの歌です。卵のことを歌っているのでしょう。


In marble walls as white as milk,

  In marble walls as white as milk,
  Lined with skin as soft as silk;
  Within a fountain crystal clear,
  A golden apple doth appear.
  No doors there are to this stronghold --
  Yet thieves break in and steal the gold.






前へHOME次へ






 


作者:壺齋散人(引地博信) All Rights Reserved (C) 2007-2008
このサイトは、作者のブログ「壺齋閑話」の一部を編集したものである